沼袋、花小金井、上石神井にある優歯科クリニックでは、最新の照射器を導入しておりどこでも次世代ホワイトニングができます。

家で?お店で?歯医者で?

世の中にある「ホワイトニング」には、自宅でおこなうホワイトニングやホワイトニングサロンなど店舗で受けるものがあります。さらに、医療機関の施設内でおこなうホワイトニングなど様々な種類があります。これらはすべて歯を白くすることが目的ですが、実際にはそれぞれに大きな違いがあるのです。

家でおこなうホワイトニング

自宅でホワイトニングができるということで、都合が良い空いた時間で手軽にできるイメージをお持ちでしょうか?

ところが、自宅でホワイトニングをおこなうためには、まずは医院に通院をしてご自身の歯の形に合うマウスピースを製作する必要があります。現実的には数回の通院が必要となるケースが多く見受けられます。
マウスピースが完成したら、使用法の説明や薬剤を受けとって、あとは自宅でご自身がホワイトニングをおこないます。

自宅でおこなうホワイトニングは、医療機関でおこなうホワイトニングとは、法規制によりおこなわれる内容はかなり違います。
自宅で使える薬剤は効果の弱いものしか認められないため、毎日それを概ね1ヶ月近くかけて少しづつ白くしていきます。何らかの事情により、途中で中断をしたり止めてしまってはホワイトニング効果は期待できません。
ホワイトニングをおこなっている期間中とその後しばらくは、コーヒーやカレーライス・赤ワインなど色のついた飲食物は、旧タイプのホワイトニングであるために摂取をすることができません。
ホワイトニング専用のライトを購入したりスタッフのトレーニングがそれほど必要ないために、以前からこのような自宅でおこなうタイプのホワイトニングが多くの歯科医院では勧められてきました。

マウスピースを使うホワイトニングは、1本1本の歯の状況ごとに痛みを避けるために薬剤塗布を変えたりという細かい対応ができません。さらに、歯を最も白くすることのできる薬剤である過酸化水素水は、医薬品であるために家庭ではなく医療機関内でないと使うことができないのです。自宅やお店でおこなうホワイトニング薬剤には、歯を最も白くする有効成分は含まれていません。

これまで家でおこなうホワイトニングは、医療機関でおこなうタイプの方が色戻りが少ないと言われていました。
次世代のホワイトニングからは、医療機関でおこなうホワイトニングでも白さを長い間にわたり保つことができるようになっています。

ホワイトニング効果のある歯みがき剤

近ごろは通信販売などでも、「ホワイトニング効果」をうたった歯みがき剤が増えています。
もちろん歯を白くすることを目的にしていますが、ほとんどが歯の表面の汚れを落とすことにより歯を白くします。歯そのものを漂白することまではできません。

また、注意が必要なこととして研磨剤などを含んで、汚れた歯を削り取ることで歯を白くするものがあります。その瞬間は歯が白くなりますが、歯の表面はザラザラになりその後はむしろ歯に汚れがつきやすくなります。また、歯の表面に薄く存在する硬いエナメル質を傷つけてしまうために、長く続けると知覚過敏などのトラブルをおこしやすくなります。

お店でおこなうホワイトニングについて

ホワイトニングサロンやホワイトニングバーという名称で、医療機関ではなくエステサロンのような一般の店舗でおこなう「ホワイトニング」が低価格であるために広まっています。ブルーライトをあてたりと、見た感じでは医療機関のホワイトニングと同じであるかのような印象を受けるかと思います。

そもそも、ご本人以外では他人の口の中へ手を入れることができるのは、医療機関で働くトレーニングを受けて国家資格を取得した歯科医師や歯科衛生士だけです。ホワイトニング効果を引き出すための歯のクリーニングを店舗のスタッフがおこなうことはできません。
また使用する薬剤についても、医療機関でなければ歯そのものを白くする効果のある医薬品は、法規制により使用することはできません。

このような理由により、店舗でおこなう「ホワイトニング」は、医療機関でおこなわれるホワイトニングとは内容や品質が異なる別モノと言えます。お店でおこなう「ホワイトニング」は、ホワイトニング用歯みがき剤と同様に、その多くは歯の表面の汚れを落とすことにとどまる効果となります。

医療機関でおこなう次世代ホワイトニングへ

医療機関のホワイトニングも次世代タイプが登場しています。

・歯が見える前歯部のホワイトニングを1回の通院で完了します。

・透明感のある白さで、旧タイプの飲食制限がありません。

・従来よりも費用が安くなり、いつでも1万円以下でできます。

自宅でおこなうホワイトニングも、初回はトレーを作ったり、説明のために必ず通院が必要になります。
それに対して、同じ通院時間を使い、その場で1回で自宅でやるホワイトニングよりも歯を白くしようというのが次世代ホワイトニングです。

ホワイトニングには重要なポイントがあります。

歯を白くするためにはホワイトニングをする直前に、必ず歯のクリーニングをおこなって、薬剤の力を最大限に引き出した方が歯は白くなるということです。もちろん、歯が痛くなったりしみたりしないように、状況に応じて患者さんにあった処置をおこなう必要があります。
歯石やプラーク(歯垢)は通常の生活をしていると、必ず付いてしまいます。一度付いた汚れは歯ブラシでは完全に取り除くことはできません。また、自宅でホワイトニングをおこなっている期間中でも、歯の汚れは付いてしまうのです。

結局、自宅で手軽にできるはずのホワイトニングも、1ヶ月近く毎日数時間を確保して休まず続けることができるのか?
さらに、歯が白くなる手間と効果のことまで考えると、ホワイトニングの施術前に、しっかりと丁寧な歯のクリーニングができる、医療機関でおこなう次世代ホワイトニングをお勧めしているのです。

 

<次世代ホワイトニング|健康的な美しい口もとには価値がある>

☆関連記事☆

<歯を白くするためには?>

<次世代ホワイトニングは何が違う?>

<なぜ予防歯科がホワイトニング?>

<無駄な時間とお金を使わない!>

<ホワイトニングへの疑問や心配>