削ったり抜いた歯は元には治らない

傷口ができても、新しい皮膚ができます。折れた骨は、いずれ再び繋がります。このように再生することのないのが歯です。
歯は削ると元には戻りません。抜歯したらまた生えてこないという、あたり前のことに注意をしないといけません。

むし歯の治療とは、ご自身の歯を失う階段を降りていくようなものです。

最初は小さくても進行する新しいむし歯が見つかると、
・むし歯の周囲まで少しだけ歯を削って詰め物をします。
・しばらくすると詰め物の周りからむし歯が再発します。
・むし歯の再発で、詰め物が大きくなります。(さらに周りの歯をたくさん削ります)
・もし歯の痛みが大きいと、歯の神経を取ります。
・歯の神経を取ると、歯はもろく欠けやすくなります。(歯の寿命が半分になります!)
・歯の根本が再び悪化することがあります。
・良く噛めなくなると、次は抜歯をします。
・無くなった歯を、ブリッジや入れ歯で補って、再び噛めるようにします。
・残った周りの歯も治療や虫歯で弱ります。

何度もむし歯治療を続けると…、自分の歯を失う階段を降りていくことになるのです。

痛くなってからの受診は歯を失う

今まで実に多くの方々が…、

・痛くなってから歯医者に行く。

・日頃は歯医者に関わらない!

という受診のしかたが一般的でした。

残念ながら、このような受診はご自身の歯を次々と失います。最初は小さな虫歯から始まります。時間を経て自分の歯を失う段階が進みます。同じ歯を3回ほど治療すると、多くの場合は抜かざるをえない状態になると言われています。
これが「痛くなってからの受診」を続けると、自分の歯を失う流れです。

なぜ治療の段階が進むのでしょうか? そして、どうしたら良いのでしょうか?

予防と言えば、早期発見と早期治療というイメージがあるかと思いますが、歯については「早期発見による早期治療」では、自分の歯を守ることができません。噛む機能を取り戻す治療をしながらも、同時に歯を失う段階を進めています。
世界でも日本の歯科治療の技術は、高いレベルにあるにも関わらずです。

海外の予防先進国でおこったこと

以前のニュージーランドでは、全ての学校に歯科診療室を設置して、早期発見による早期治療でむし歯の撲滅を目ざしたことがありました。ところが、予想に反して生徒のむし歯が減ることはありませんでした。むしろ若干の増加をしてしまったようです。

早期発見は「歯の治療」を伴うからです。歯科では歯の治療そのものを防ぐために、予防を継続することが有効です。
歯科の病気は、むし歯菌や歯周病菌を原因としますが、これらの原因菌を完全に除去することは不可能です。治療が完了して症状がなくても、これらの原因菌は誰でも常にお口の中にいます。原因菌の勢いが再び増すと、むし歯や歯周病が再発することになります。

その後、ニュージーランドは学校歯科を、予防を中心とした歯の継続管理に内容を変更をして、世界でも有数の低むし歯率を達成しました。ニュージーランドだけでなく、日本以外の海外先進国の歯科受診は、定期的な口腔ケアーによるものが主流になってます。

・痛くないからこそ、口腔健康管理の予防で歯科に行く!

・痛くならないように、定期的に歯科に行く!

という歯科との関わり方です。

 

<全身の健康には予防歯科> 予防歯科トップページ

☆関連する記事☆

<今までの通院のしかたとの違いは…> このページ

<予防歯科ではじまる快適な生活>

<予防歯科をする受診時間と費用の負担>

<歯周病と全身の健康の関連>

<予防歯科への疑問>